1. HOME
  2. FREE記事
  3. 成功しない人【時間編】
FREE記事
2丁目27番地

成功しない人【時間編】

FREE記事, 残念

時間は平等!?

 

2丁目27番地

 

『世界人類皆共通しているのが時間だ!』

『必ず同じ時間を生きている』

 

という話だが、物理的にはそう思う。

 

でも考え方を変えてみたら、ちょっと違う。

 

時間ではなく、時給で。

 

 

年収と時給

 

年収480万円のサラリーマン。計算しやすい様にボーナスは無し。土日休みで1日10時間、月20日間働いているとしたら、単純計算で時給は2,000円だ。

 

年収が960万円だと時給4,000円

年収が1,920万円の人は時給8,000円

 

ちなみに平成30年国税庁の調査で、国民の平均年収は441万円となっている。

 

年収が1千万を超える人の割合は、全体の5%弱で、2千万円を越すと0.3%になる。

 

僕らが憧れる、いわゆる億万長者はほんの一握りだ。

 

仮に、年収が120億円の人がいたとしよう。同じ計算方法でいくと、この人の時給は500万円だ。

 

1年かけて得るお金を、実に1時間で得たことになる。本当に時間は平等なのか?・・・と思ってしまう。

 

 

有名な本
↓↓↓
(とりあえず読んでみたら?)

 

 

 

使い方

 

 

2丁目27番地

 

御曹司、財閥育ち以外は、だいたいの人が1から成り上がっていると考えて良い。

 

当然その成り上がりの人達も、同じ時給2,000円、もしくはそれ以下の生活から這い上がってきているはずだ。

 

そういう成り上がった人たちが、口々に言う。『時間は限られている』『平等だ』と。

 

要は過ごし方だ。

 

 

 

後悔

 

『子供の頃にもっと勉強しておけば・・』

『あの時にもう少し違う事に時間を使えば・・』

 

『ああしておけば』『こうしておけば』『俺は、私は、今頃成り上がっていた』という強がりはよく耳にしないだろうか?

 

筆者も記憶にあるのが、学生時代に教壇に立っていた先生が、何の前振りもなくいきなり

 

『授業でも利用するインターネットだが、私は幼少の頃こう思っていた。書いた文字を、紙ではなく電気の様な、何か目に見えないもので伝える時代が、必ず来る!と。今となって思うのは、その開発に携わっていれば・・・。今頃先生は・・・・。先生の後悔です。』

 

という話をされた事がある。

 

マジでだせぇ先生だなって思った。

 

『だから、後悔しなくて良い様にしっかり勉強しましょう!』と、後で言うのかと思ったら、『あっ!他にも、先生は、遺伝子交配における・・・』と『あの頃は、その頃は』の話だけだった。

 

『学生の時に勉強しておけばよかった』と言うセリフと、何も変わらない。

 

 

貧富の差

 

2丁目27番地

 

毎日10分コツコツとやれば1年で・・・という話はよく聞くと思う。

 

『実際さー、1日10分で何か変わるの?』

 

『その人達は”成功”したから、時間を美化してるだけだよ!』

 

と思う事はあるだろうか?

 

 

 

 

 

だいたいそう思う人は

 

『10分も行動出来ない人だ』

 

大多数が『時間があればサボる』『努力に時間を使わない』と思っていい。

 

そしてその大多数同士が意気投合し、グループになり、労り(いたわり)合い、安心し、行動し成功した人を『悪』にする。

 

 

だから、物理的に億万長者は民主主義の日本なのに、0.3%しかいないのだろう。何となく納得できる。

 

 

 

10分砂時計
↓↓↓
(自分を制御してもらおう!)

 

 

 

 

練習

 

2丁目27番地

 

毎日素振りをするから、野球で打てるようになる。

毎日勉強するから、テストで良い点がとれる。

毎日歩くから足腰が強くなる。

毎日打つから、ゴルフのスコアが良くなる。

 

目的を持って毎日やれば、少しでも上向くと思わないか?

 

カネカネ言ってアレだが、毎日お金の勉強をすれば・・毎日お金の増やし方を考えれば・・行動が変わりお金持ちにならないか?

 

億万長者になった人は、運で成り上がった訳ではない。

 

人より努力して、時間を使って、苦労して、失敗して、また奮起して・・・。

 

この時間があるから成功したのだ。時間は大事だ。

 

共通点

 

筆者の知り合いにも、色々な人がいるが、決まって成功しない人は口だけが多い。

 

  • 他人の成功事例を自分の事の様に話する
  • アドバイスしても『明日から』
  • 酒か娯楽に時間を費やす
  • 情報だけ一丁前に頭に入れる
  • 頭で考えているフリして行動しない
  • 明確に自分を答えられない

 

上記の様な人たちの共通言い訳用語がある。

 

『わかってるんだけどねぇ!』だ。

 

そして、時間が経過し、その『だいたいの人達』がこぞって後悔している。

 

学生時代に見た、『ダッッッッッサイ先生』と同じだ。

 

 

 

活字が苦手な人へ
↓↓↓
(漫画もダメならもう無理!笑)

 

 

 

 

 

価値

 

2丁目27番地

 

『明日からやろう!』

『よし!色々準備が整ったらやろう!』

 

と決めている方へ。ひとこと言いたい。

 

他人はそんなに待ってくれない。あなたの価値は時間と共に『無くなっている』という事を自覚してほしい。他人が待ってくれる程、あなたは特別ではない。

 

という事。

 

極端な例で紹介。

 

あなたはプロ野球のスカウトです。

 

プロを目指して頑張っている、『16歳の高校1年生』と、『40歳の一般男性』。実力が同じだとしたら、どちらに価値を感じますか?どちらに将来性を感じますか?

 

それと同じです。よく『言い訳が多い人の共通点で』

 

経験を積んでから

 

と言う人がいます。『何の経験?』と思う。

 

なんか単なるディスり記事になった。そろそろ終えようと思う。

 

 

 

 

 

『あー、そろそろ何か始めないと・・・ヤバイなー』

 

と思ったそこのあなた。

 

大丈夫!どうせ何もしないから。。。笑

 

 

 

 

大学受験を失敗しまくり、就職試験も落ちまくったアリババ創設者『ジャックマーの話』
↓↓↓