『調子が悪い』と思っている人へ

上手くいかない

 

 

調子が悪い

上手くいかない

本当はこんなもんじゃない

 

 

 

 

大丈夫!

 

 

 

 

 


 

 

 

おひさしぶりです
れぽさん
れぽさん
いずちゃん
いずちゃん
またサボってたね。
入院したんだよ。
半月程。
れぽさん
れぽさん
いずちゃん
いずちゃん
病院で書けるやん。
・・・・・・。
れぽさん
れぽさん

 

 

比較対象

 

 

 

上手くいかない時。

何でそう思いますか?

何と比較してそう思いますか?

 

 

大抵は

 

調子が良かった頃の自分自身

 

ではないでしょうか?

 

 

調子が良い

 

それは本当にその時の実力なのでしょうか?

 

 

まず考えて欲しいことがあります。

 

 

あなたが悩んでいること、

それは

 

 

『誰でも出来る』

 

とまでは言いませんが、もしかしたらそれは

 

・コツを掴んだら出来る

・少し覚えれば出来る

 

というものではないでしょうか?

 

もしそうだとしたら、

 

 

『スランプだ』

 

 

なんて思っている事自体

 

恥ずかしいし、二流です

 

 

ブーイング

 

 

 

『いやっ、一握りの人間が行う仕事だ!』

 

 

と自負している人は、ブラウザバックして下さい。

 

 

 

良い時も悪い時も

 

一流と呼ばれる人たちは

 

常に頭で考えて行動をします。

 

5W1Hを使って

 

5W

・いつ(When)

・どこで(Where)

・だれが(Who)

・なにを(What)

・なぜ(Why)

1H

・どのように(How)

 

これに目の前の事象を当てはめて、

細分化します。

 

分析

 

その上で、

『上手くいった理由』

『上手くいかなかった理由』

を分析していくのです。

 

分析をする事で、

自分の実力が分かり、

どんな時も対応が出来るのです。

 

 

それをずっと継続している人が一流なんです。

 

 

仮に自分がスランプに陥ってる時に、先輩に相談しても

自分に響く答えじゃなかった・・・。

なんてことありませんか?

 

あたりまえです。

その人があなたのことを24時間監視している訳ではありません。

 

自分のことは自分で解決するしかないんです。

 

二者択一

 

人に相談しても、一応答えてはくれます。

 

でも答えに行き詰まると

『基本を大事にしろよ!』

『基礎がなってないよ!』

『気合が足りないんだよ!』

 

しか言えないんですよ。

 

 

 

だって、

 

 

 

分からないから。

 

 

 

自分が経験した苦労やキツさは分かっても、

知らないことや関心がない事に

アドバイスなんて出来ないでしょ?

 

基本や気合いは大事です。

 

そりゃそうです。

でもこの場合、

数ある解決策の中の1つで、

 

 

基本だけが答えではありません。

 

 

 

アドバイスをする方も人間です。

 

 

解決方法が見つからない理由を、

他人のセイにしちゃダメですよ。

 

 

最終的にアドバイスをもらおうがもらわないが、

 

判断をするのは自分です。

 

自己責任に落とせない人は問題解決なんて出来やしません。

 

ましてや成長なんて出来っこありません。

 

 

 

努力

 

 

 

努力しているのに報われない

 

 

 

そう思われることは少なからずあると思います。

 

結論を先に言うと、

 

 

 

 

ということです。

 

 

例えば、

YouTubeを使って有名になりたい!

 

 

 

と思ったとします。

 

じゃあ

『ヒカキンやはじめしゃちょー・ヒカル』

がやっている事を丸パクリすれば

 

同じように結果が出るでしょうか?

 

 

違いますよね。

ある程度の数字を確保出来たり、

登録者や再生数を稼ぐ事は出来るかもしれません。

 

でも本質的に、

 

それを視聴者が望んでいるのか?

 

という事です。

 

NO

 

 

会社や部活なども同じことが言えます。

 

人には役割があります

 

憧れの人を目指すのは自由です。

でも自分が活躍したいのであれば、

自分が活躍出来るポジションを探して、

そこで活躍する為に『努力をする』事です。

 

・全員が4番バッター

・全員がレギュラー

・全員が学級委員長

 

では世の中は成り立たないのです。

 

全員が営業部で活躍しても、経理や総務がいなければ会社だって倒産します。

 

では、

 

自分はどこで活躍できるのか?

 

・自分を分析

・居場所を分析

・その居場所の需要を分析

・需要に対する貢献度を分析

 

そして分析を終え、自分の方向性に決意出来たら、あとはひたすら努力をする!

 

こうやってその環境における自分の適材適所を探します。

そして、一流になる為に努力をしていきます。

 

訓練

 

上乗せ努力

 

このタイトルとは真逆にはなりますが、

 

『今調子が良い』

 

という人もいることでしょう。

 

そういう人は、今やっていることに少しプラスして、

 

新たな努力をするべきです。

 

 

 

 

今のやり方が10年続くと思いますか?

 

 

 

あのTOYOTAでも毎年危機感を持って、

 

今年より来年

今月より来月

今週より来週

今日より明日

 

1つでも、1ミリでも改善し良いものを!

 

と取り組んでいます。

 

調子が悪い時は少なからず人は悩み考えます。

 

しかし本当に大事な事は、

上手くいっている時こそ

考えなければなりません。

 

そうすることで、

自分のレベルも上がるし、

『どん底』と思う時がきても、

対処法がいくつも備わっています。

 

それに、上手く行っているときの努力って、

 

 

 

 

努力の断捨離

 

 

 

努力を上手く活用出来る人もいれば

そうでない人もいます。

 

4ヶ月努力して結果が出ない時、

それは自分に合わない努力です。

 

色々な選択肢がある中で、他の事を選び、やり直したがいいかもしれません。

 

 

ただ、何をもって成功、失敗にするかは、目標を決めた上で設定しましょう。

 

野球を初めて4ヶ月のおじさんがメジャーリーガーにはなれません。

 

仮になれた人がいたとしても、そんな話をしている訳ではなく、自分の4ヶ月後の目標を決め、そのゴールに逆算して行動をし、目標に対して結果が伴わなければ止めましょう。

 

という話です。

 

 

別の努力をしたがいい。

 

努力の断捨離は時として必要です。

 

断捨離

 

これは上手くいっている人でも同じです。

 

新たな挑戦をしても、結果が出なければ止めれば良い。

良いものを伸ばし、悪いものを止める。

 

なかなか上手く行っている時に、

 

・新しい事への挑戦

・何か一つ削って新しい事をする

 

など

なかなか勇気が必要です。

 

でも、

 

衰退しない為の一歩です。

 

是非取り組んでみましょう!

 

 

 

 

 

チャンスはやってくる?

 

 

 

努力を重ねても発揮する場がないと意味はありません。

 

『宝の持ち腐れ』

ならぬ

『努力の持ち腐れ』

 

です。

 

努力をしているのに、チャンスがこない。

 

 

これも経験あることではないでしょうか?

 

『俺頑張ってるのになぁ』

『あの人より頑張ってるのになぁ』

 

 

それは、

 

 

 

過信です。

 

 

 

頑張っている・頑張っていないは本人が決める事ではなく、

 

他人が評価します。

 

 

他人が頑張っていると評価すると、

ようやく自分にチャンスが巡ってくるのです。

 

チャンス

 

◯◯君に新しいプロジェクトを任せるよ!

 

という事だけがチャンスではありません。

先述した

『誰かにスランプを相談した時』

 

ここで、もうすでにチャンスは巡ってきています。

 

相談しようと行動した自分。

それにアドバイスをしようとする人

 

巡り合わせのチャンスです。

 

逆のパターンもあります。

相談をされることがチャンスです。

 

少なからず

『自分に対して解決を望んできた』

という紛れもない事実がそこにあります。

これは後輩から悩み相談だけではありません。

 

上司や先輩、あるいはいつも接する機会のない、

目上の人からの相談があるかもしれません。

 

活かすも殺すも自分次第。

 

こういう小さなチャンスに対して真摯に向き合い、

しっかり取り組んだ人間にのみ、

『大成するというチャンス』

がまた巡ってきます。

 

小さなことが出来ない人間が、大きな事なんて、いきなり出来ません。

 

 

常にアンテナを張りましょう!

アンテナ

 

 

事前準備

 

 

これは本当に強く思う事。

 

いくらチャンスを与えられても結果が出ないと意味はありません。

 

 

いつでも掴める事前準備をしておかないと、

 

本っっっっっっ当に意味がない!

 

事の大小は関係ありません。

 

『自分が力を発揮する場面がある』

 

と想定される事は必ず事前準備はしないといけない。

 

それが最低限の自分の努力だし、

その与えられたチャンスをないがしろにしてしまえば、

 

次のチャンスはいつ来るか分からない。

 

 

チャンスを与える人

期待をしてくれる人

 

この人たちを裏切る行為をしたらダメなんです。

 

 

それに準備をしない人間には運も巡ってこなくなります。

 

明日、あなたは目上の人からいきなり

 

相談される場面が起こる

かもしれません。

 

対応出来ますか??

臨機応変

 

継続

 

期限を決めた努力も、

上手くいっている事柄も、

 

継続しないと意味がありません。

 

 

なんでもそうですが、

 

継続すれば結果は出ます。

 

 

良い悪いの結果が。

 

 

本気で継続することで、必ずどちらかのゴールが見えてくるものです。

 

 

余力を残すから、まだ出来ると過信をする。

中途半端にするから他力本願になってしまう。

単発でやるから目の前の結果にすぐ左右される。

 

 

 

 

よく言ったもんです。

 

 

 

好きになれ

 

好きになれ。

これは

『継続を楽しくやる』

為の秘訣です。

 

楽しくないこと、辛いこと、これを人間は継続しようとなかなか思いません。

 

でも、楽しいこと、好きな事はずっと出来ます。

 

好きが嫌いにならないうちは、寝る暇を惜しんで没頭します。

 

 

その思いを継続する事。

好きでいられるようになる事。

 

それこそが、自分を磨き続ける最大の要因ではないでしょうか。

 

継続出来ない

本当に好きなことなのか?

 

一度考えてみてはいかがでしょうか??

 

love

 

 

キャッチャー

 

 

今までの話、

 

僕は、

 

この本を読んで、自分なりに思うところを足しました。

 

 

 

先日お亡くなりになった偉大なる人。

 

僕は高校まで野球をやっていたし、なんとなく本を読んでいて、おこがましいけど共感出来るところもあり、ブログに書きたいと思いました。

 

 

気合・感覚・根性が優先される時代で、データを駆使し、常に数値で野球をやっていた努力の人。

 

 

野球は9人でやるスポーツですが、守備位置で、

唯一他の野手と違う景色を見る

のがキャッチャーです。

人と違う視点で、

相手の心理を探り、

万全の準備を行った上で臨む姿勢が、

本当のプロだと思いました。

 

野村さんは不器用だから

何事も人の3倍やって準備をしてきた

って書いてあるけど、

弱い人間が強者を倒す楽しみ

が常にあったんじゃないかなぁ。

 

言葉は少し悪いけど、貧乏魂というか。

 

 

勢いばかりの人が大勢いる中で、知性を働かせる人は周りから疎まれやすい。

 

でも困った時、最終的には頼られる。

しかしなかなか評価されない。

 

その先頭を走り、こういう人が認められる世の中を作った、偉大なる功労者が急に亡くなられたのはとても悲しいことです。

 

しっかり学んで、自分の人生に生かそうと思います。

 

1冊3分で読めて、99%忘れない。全く新しい読書法【瞬読】




ラブタイムの秘密の48テクニック収録★HOW TO SEX DVD【LOVE48】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校時代は小料理屋・ホストクラブで働く。 社会人ではもっぱら営業職。 日々仕事に対して感じる事、営業職として他業種の感想、主観ですが色々書いていこうと思います!