いずちゃん
いずちゃん
ねぇねぇ!今日の夕ご飯何がいい?!
・・・・・・・ぬん。
れぽさん
れぽさん
いずちゃん
いずちゃん
聞いてる?
・・・・ぬん。
れぽさん
れぽさん
いずちゃん
いずちゃん
チョコあーんぱんあげないよ!!!
それは困る!!
れぽさん
れぽさん
いずちゃん
いずちゃん
聞こえているならちゃんと返事する!!
ごみんちゃい・・・。
れぽさん
れぽさん

インスピレーションと姿勢

 

僕も本業は営業職。

 

ニーズを拾い、話題を提供して、付加価値と一緒に物を購入してもらう。

が、僕のお仕事です。

 

『売れる営業マンって何が凄いの?』

そう思った事ありませんか?

よく啓発的本にマインド的な事書いてありますが、本質はもっと単純なんですよ!

 

第1章から第5章に分けて記事にしました!

『まとめ』もあります!

 

よかったら最後まで読んでくださいね!!

 

 

 

では始めます!

 

 

 

どう接すれば相手は心を開くのか?

 

 

正確な提案をする為、

まずは相手の情報を聞き出すことが第一

 

『いかに相手から情報を聞き出すか?』

 

 

をテーマに考えてみましょう!!

 

 

第一印象

 

身だしなみ

 

 

これはよく言われますね。

『髪ボサボサ・ヨレヨレのワイシャツ・汚れた靴・チャックの開いたズボン・・・』

 

言い出したらキリがありませんが、
むさ苦しい容姿の人に、気持ちよく話出来るでしょうか?

まぁそういうことです。笑

 

 

覇気

ワンピースじゃないですよ!
覇気使えたら、逆に会話が無くなります。

元気があるか?
言葉の語尾が弱くないか?
モゴモゴしゃべってないか?
挨拶はちゃんとした?

です。

 

ただ、たまに

 

場の空気を読まずに

『やたら元気だけが良い人』

いますよね。

悪くはないけど、人によってはマイナスです。

 

あと、

『やたら近い距離で話をする人』

好きな人なら良いけど、ただただむさ苦しい顔が間近にあったら嫌ですよね・・・。

 

 

臨機応変さが無いって思われます。

場の空気を考えましょう

 

この

『身だしなみ』

『覇気』

第一印象が決まります

 

 

 

スタートが大事です!!

マイナススタートの人は、

『まずゼロにする無駄な作業』

が発生します。

その時点で時間のロスですし、聞く相手もそんな暇じゃありません。

 

もう商談終了です。

よっぽど戦略的にこれから先を臨まないと、キツいっすよ。

 

 

 

姿勢

立ち姿勢

これは身だしなみにも言えますが、
スーツを着て相手と接する際、
スーツの一番下のボタン以外は必ず閉じましょう

2つボタンなら上1つ。
3つボタンなら上2つ。

です。

一番下のボタンをしません。
何故って?

見た目がダサイ。
スーツのボタンを全部している人は『素人』って思われるよ!

気をつけてください!

 

 

 

話を戻します。

立ち姿勢で話をする際、気をつけることがあります

話しながら身振り手振りする事は全然構いませんが、目上の人と話をする際、相手の話中は

両手を前にして聞きましょう!

 

ベルトの位置に両手を持っていき、右手を左手で覆います。
これは諸説あるのと、会社の指導にによって違いますが、

 

日本人の感覚として、

『敬意を払う人が目の前にいたら、武士は右手を隠す』

 

 

という習わしからきているようです。

要は

『刀を抜かない』『右手は使いません』『敵意はないですよ』

って意味らしいです。

 

 

 

 

ですので、逆に

後ろで手を組んだり、胸あたりで『腕組み』したりするのはやめましょう。

偉そうに見えます。

ただシーンによって使い分けることもあります。

それは後々記載しますね!

 

また、『気をつけ』の姿勢をとる人がいますが、そんなにかしこまる必要はありません
空気を読みましょう!笑

 

 

 

ポケットに手を突っ込むなんて事は言語道断です。笑

ポケットに手を突っ込む時は、食い込んだパンツを戻す時くらいです。

 

 

また、相手が自分より身長が低いと、少し気を使いますよね?

こればっかりは仕方ないので、早めに椅子を探しましょう!笑

 

 

 

 

座る姿勢

 

 

これもなかなか大事です。

 

 

まず座る時にスーツのボタンが苦しければ、さりげなく外しても構いません。
パッツンパッツンの状態だと相手は気をとられて、話を聞いてないことがあります。

 

?どういう事?

 

座って話をする際、相手はボヤッとあなた全体をまず見ます。そこで、どこか気になるところが見つかってしまうと、そこにしか意識がいかなくなるものです。

 

・ワイシャツについたシミ

・肩に乗っているホコリ

・歯についた海苔

・ちょっと出てる鼻毛

 

こんなの見つけたら、そこばっかり見ちゃう事ありませんか??

 

しっかり集中して聞いてもらう為にも、

会う前は必ず鏡で身だしなみチェックですね!

 

 

 

 

 

椅子に腰掛ける場合は、
椅子にもたれず、座りましょう!

 

 

これはデートでも同じことが言えます。

 

 

例えば、

初めてのデートで、相手が椅子の背もたれに寄りかかって話していたらどうですか?

 

 

『話がつまらないかな?』

『嫌われてるのかな?』

 

って色々気にしちゃいますよね?

 

思い出して下さい、

しょーーもない人の、しょーーーもない話を永遠と聞かされる時は『スマホ見たり』『違うところ見たり』『ファミレスなら無駄にメニューの隅々を読み込んだり』・・・経験あると思います。

 

 

背もたれに寄りかかると、自然と顎が上がって、相手を見下す姿勢になっちゃいます。

良くないですね!

 

椅子に座る時は、前半分に座って話をしよう!!

 

これは僕が高校生の時、ホストクラブでバイトをしていたのですが、そのお店の先輩から教わりました。

 

 

 

椅子が無い場合

 

床とか、座敷で話をする場合、パターンとしては少ないですが、その場面に遭遇したら、とりあえず正座です。

 

 

 

怪我などで、正座が出来ない場合や、
最初は正座でも足がだんだん痺れ、話に集中できないと感じたら、

 

 

 

一言相手に伝えて、足を崩しましょう!

 

 

 

『ダメ!』

『正座して話をしなさい!』

 

 

 

という人はいません。

いたら、それはあなたが今クレーム処理の真っ最中でしょう。

しかも相当ご立腹させてます。

 

まぁ、これは前段階です。

 

 

 

 

この次は会話です!!

 

 

↓↓↓

続きはこちら!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

高校時代は小料理屋・ホストクラブで働く。 社会人ではもっぱら営業職。 日々仕事に対して感じる事、営業職として他業種の感想、主観ですが色々書いていこうと思います!